キャッシングとカードローンは同じなの?

キャッシングとカードローンは同じなの?

まずは違いを理解することが必要

キャッシング・カードローン、この2つには違いが存在しますが、それでも同じようなものとして扱われることもあります。
ただ本来は違うものを指す言葉であるということを理解したうえでキャッシングについて調べていくことも大事でしょうから、その違いを皆さんにご説明します。

そもそもキャッシングというのは、返済方式は原則一括払いとなります。
ご存じの方も多いかもしれませんが、カードローンで一括払いというのはほとんど有り得ない話です。

ですからまずこの点に大きな違いがあります。
またキャッシングというのは、皆さんがお持ちのあるものにも備わっているものです。

それがクレジットカードです。
クレジットカードは時としてキャッシュカードにもなります。

向き不向きも違ってくる

先ほどにも述べた通り、キャッシングであれば原則一括払いにて返済をしていくので、どうしても大口の融資には向いていないということになります。
ですから少し借りて翌月一括で返すというような使い方をするのがキャッシングだと理解しておきましょう。

一方でカードローンの場合、限度額にもよりますが大口融資にも適していると言えます。
ただ支払い回数が多くなるので、その都度利息が発生していることとなります。
また、もちろん大口融資のみに存在するわけではないので、少なめの金額を分割して返すという方法もあります。

こうした違いにより、キャッシングとカードローンとを使い分けている方も多いのではないでしょうか。
賢く使ってライフスタイルに生かしていきたいですね。

キャッシングは計画性の上に成り立つ

キャッシングとカードローンとをそれぞれ詳しく考えていくと、性質の違いにお気付きになるかと思います。
ですから今回はキャッシングがいいなと思えばキャッシングを選べばいいですし、その反対もまた然りです。
また両者の共通点としては、審査があるということが挙げられます。


その審査にパスしたうえで利用できるということで、審査に通らない可能性もあるということを頭の片隅にでも入れておくといいのではないでしょうか。
そしてこれは当然のことですが、キャッシングでもカードローンでも計画性が非常に重要になります。
計画を立てて利用しないと、借金を返すために借金というような結果にもなりかねません。
そうならないためにも事前の計画が重要になってきます。

Copyright© 2014 キャッシングとカードローンは同じなの? All Rights Reserved.